ふるさと納税に関して

今回はふるさと納税に関して記述したいと思います。

最近は私の周辺でも興味を持ち、利用し始めている人が多いふるさと納税です。

手続きさえきちんとすれば、リスクもあまりなく、所得の高い人ほどお得に利用することが出来る制度です。

また、用途を指定して自治体に寄付することが出来るため、何に使われているか分からず税金を納めるよりも前向きに納税出来ます。

お得云々を抜きにしても活用を考えてみてはどうでしょうか。

 

最初に一般的なふるさと納税のステップを記述します。この位の手間なら利用できるという方はぜひ続きを読んでふるさと納税にチャレンジしてください。

・ふるさと納税の取扱いサイトに登録。(個人情報、クレジットカード情報など)

・ふるさと納税の返礼品を選び購入。

・返礼品の受取。

・確定申告をする。会社で年末調整を受けている方なら書類を納税先の自治体に送付する。(慣れれば1自治体5分くらい)

以上です。

 

 

1. ふるさと納税とは

本来の目的はその名の通り遠隔地から地元への支援希望する方々を主として、遠隔地への支援を税金の一部を希望する自治体に寄付する、という形で実施することができる制度です。

私の解釈にはなりますが、2000円の手数料を支払って、好きな自治体から返礼品を受け取ることが出来る制度と考えています。

どういうことかというと、寄付した金額は所得に応じて税金から控除・還付されるので、控除枠さえ守っていれば本来払うべき税金を支払っている状態です。なので税金としてはプラマイゼロです。

寄付の際、自己負担金が2000円かかるのでそこで-2000円です。

寄付先の各自治体から返礼品という形で地元由来の品物を受け取ることが出来るので、結果的にお得になります。

ちなみに返礼品の価値上限は寄付額の3割程度の金額分と決められているので、所得が多い方ほど控除額が大きくなり、恩恵が大きくなります。

上記の内容をそれぞれの少しだけ解説します。

 

1) 税金に関して

ふるさと納税は寄付額-2000円が税金から控除されるという制度です。

そのため実質2000円で他に支払いが発生しません。

控除の内訳は所得税(今年分)、住民税(翌年分)で構成されています。

ふるさと納税は他団体への寄付控除よりも高い割合で控除されているので、寄付控除を申請しようとする場合はご注意下さい。

確定申告される方は自治体から発行される証明書の提出が必要です。

サラリーマンはンストップ特例制度というものがあり、書類の郵送のみで確定申告も不要になります。ワンストップ特例制度の場合、寄付先は5自治体までとなりますのでご注意下さい。

また控除の上限は、「ふるさと納税控除上限」などで検索すると簡単に計算できるツールがあるのでぜひご利用下さい。

控除関して詳細は以前の記事を参照ください。

控除に関して - ナーガの副業

 

2) 返礼品に関して

返礼品は寄付額の3割程度の値段のものと決められています

返礼品としては、ティッシュ等の生活用品から食品、宿泊券など様々なものがあります。

例えば5万円分寄付したとすれば15000円分程度の品物が貰えるため負担金の2000円を引いて13000円年間で得することが出来ます。

わが家ではティッシュやトイレットペーパー等をふるさと納税で頂いていて、ここ数年買ったことがないです。お得です。

 

2. お得な寄付方法

楽天ふるさと納税さとふるふるなびなどのサイトから申し込みをして、クレジットカード決済をするとお得です。

1) 楽天ふるさと納税 以前の記事でも紹介しましたが、楽天市場のお買い物マラソンやSPUの対象となるのでうまく使えば5万円ふるさと納税すれば、負担金2000円でポイントが10000円分もらえて、返礼品が15000円分もらえるという状態になります。

詳細は下記の記事をご覧ください。

楽天経済圏に引き込まれています その3 - ナーガの副業

 

 

2) ふるなび 寄付額に応じてAmazonのギフト券がもらえます。通常は1%分のギフト券をもらえて、キャンペーン時は4%分くらいになったこともあります。もちろん支払いに使ったクレジットカード分のポイントも貰えます 。楽天ユーザーでないならこちらの方が還元率が高いです。

 

3) さとふる 常設のポイント還元制度などはないですが、キャンペーンにエントリーすれば商品券などが貰えます。9月で見てみると2,3,7,8のつく日にエントリーして納税すればAmazonギフト券50000円分が10名、5000円分が900名に当たります。月の半分くらいはキャンペーン対象日です。取扱い返礼品も多いので利用する価値ありです。

 

3. 注意点

1) 自分が住民登録している自治体からの返礼品はほとんどの自治体でもらえません

2) あくまで税金を前払いしているような状態です。控除額よりも高い金額を寄付した場合は純粋な支出になります。特に学生や専業主婦、主夫の方々は世帯主の扶養に入っていると思われますので、十分に気を付けて下さい。

3) 自分名義のクレジットカード、口座をご利用下さい。家族カードであれば問題ないのですが、配偶者名義のクレジットカード決済では配偶者の控除枠で計算されてしまいます。

4) ワンストップ特例制度を利用する場合は1月10日必着です。(締切はご自分で事前にご確認下さい)正月明けで郵送したら届かない場合もあるかもしれません。

 

お得な制度として紹介していますが、ふるさと納税は本来その名の通り地元を離れている方が地元を支援したい方が利用すべき制度と思います。

一例としては、うちの両親は自分たちの出身地、子供たちの居住地に子育て支援と指定して寄付していました。それと最近は被災地の復興支援も指定しているようです。何に使われるかも分からない税金を支払うのがいやとのことです。確かに用途不明で何に使われるか分からない税金を納めるよりはいいかもしれません。

そういった意味でも、ぜひ一度利用してみて下さい。

 

以上、ここまで読んで下さりありがとうございました。

この記事が皆様のお役に立てれば幸いです。