マイナポイントに関して

今回は今話題のマイナポイントに関して記述したいと思います。

 

マイナポイントに登録して活用すると支払額の25%、最大5000円分のポイント還元を受けることができます。

さらに各企業が自社のキャッシュレスに顧客を呼び込むため様々な特典を用意しています。

例として挙げるとd払いは9月末までに登録すると4500ポイントを追加でもらえます

以下で解説していきます。

 

1. マイナポイント概要

マイナポイントはキャッシュレス5%還元に続くキャッシュレス決済推進事業、経済活性化策として官民合同で実施している事業です。

またマイナンバーカード無しでは申し込みできない制度なのでマイナンバーカードの普及を促進する側面もあります。

今回のマイナポイントを利用しないにしても、マイナンバーカードは取得することをお勧めします。通知カードでは住所変更等できないので、引っ越しした際には身分証として十分な役割を果さない日が来るかもしれませんし。

キャッシュレス決済とマイキーIDを紐づけることで支払額の25%、最大5000円分のポイント還元を受けることができます。

上記のように各企業が様々な特典を用意して顧客獲得に力を入れています。

後ほど紹介します。

 

2. マイナポイント申請方法

お手持ちのキャッシュレス決済をマイキーIDを紐づけることで、ポイント還元を受けることができる仕組みです。

申し込み方法はマイナポイントというアプリをダウンロードし、マイキーIDを取得し(アプリ内で付与)、キャッシュレス事業者を選択、そしてマイナンバーカードを読み込ませるだけです。

まずはアプリストアでマイナポイントをダウンロードしてみましょう。手続きはかなり単純でした。

 

3. キャッシュレスサービス紹介

1) d払い ドコモが注力しているだけのことはあり、すごいです。

9月末までの登録で2500ポイント+d払いで実店舗で支払いすると2000ポイント

そしてデフォルトで還元される5000ポイント合計9500ポイントのポイント還元になります。20000円の使用で9500円分還元、ほぼ半額です。

そしてdポイントについて - ナーガの副業でも紹介しましたが、d払い自体もポイント還元率が高いのでとてもおススメです。

 

2) WAON イオン系列で利用されているカードです。チャージ額の10%分のポイントが付与されます。最大2000ポイント付与されます。マイナポイント合計で7000円です。普段からイオン系列店でお買い物されている方にはお薦めです。

余談ですがイオンは株主優待で系列店で保有株数に応じた還元サービスもあります。最低3%くらいだったと思います。スーパーで年間300,000円買い物すれば9000円、マイナポイントで合計7000円お得です。

自分の生活圏でお得な制度を採り入れて、楽して節約しましょう。

 

わが家で使用するのはこの二つです。

他には

・メルペイ2000円分

・Suica1000円分+JREcardオンライン入会で5000円分

au pay1000円分等がお得です。

ちなみにPay Pay は抽選で当選者のみに500~1,000,000円プレゼントとのことです。

お得なキャッシュレスサービスに申し込むのはいいのですが、これらのポイントは使い切らなければ付与された意味がありません。普段使うサービスで5000円分貰うのもありだと思います。それと普段使うサービスでのポイント還元も忘れてはいけません。トータルで考えてお得なものを選びましょう。考えるのが面倒なのであれば、素直に普段使っているサービスでもいいと思います

 

4) 所感

普段の生活をして、お得に生活できる今回の制度は利用するといいと思います。

マイナンバーと支出を紐づけられるのは気味が悪いという方が私の周りにもちらほらいらっしゃいますが、どのみち税金回収のため様々な方法で収入はしっかり把握されています。普通の人の税金関係は今まで通り徴収されるだけです。いまさら支出情報を把握されたところで不利益は被らないと考えています。情報流出などは怖いので対策は万全にしてほしいですが

普通に納税して、良識を持って生活している方にとっては、社会保障の不正受給やその用途にメスを入れたり、お役所仕事を削減するために便利な制度と考えています。

マイナンバーカードにしてもそうですが便利なものを安全に、そして有効に使える世の中になって欲しいです。

 

ここまで読んで下さりありがとうございました。

この記事が皆様のお役に立てれば幸いです。