楽天経済圏に引き込まれています

この記事では楽天が提供するサービスについて記述します。

普通に生活していて、貰えるポイントが増えていくので、徐々に引き込まれています。

普段通りの生活をしていても手続き一つで大幅な節約になる場合があります。

この記事で頻繁記述しているポイントというのは楽天グループ内で1ポイント1円として使用できます

ぜひ参考にして下さい。

 

ここでは私が実際に使っている下の項目を紹介します。

 

非常にお得なサービスが多いですが、ここでは楽天カード(クレジットカード)を持っていて、楽天ポイントをためることができる前提で書いています

 

楽天市場

概要 

Amazonのように多くの店舗が登録しているネットショップです。楽天市場を通して、様々なものを購入できます。楽天にはSUPと呼ばれるポイントアップ制度があり、クレジット決済時、通常1%分のポイント還元されるところ楽天市場での買い物は最大16%還元にすることができます。また楽天が様々なイベントを開催しており、大幅なポイント還元を受けることが可能です。

SPUに関して 

SPUというポイントアップ制度は、楽天のサービスを利用することでクレジット決済の際に還元されるポイントが増える制度です。

例として下記のような生活インフラを楽天で契約すると還元率があがります。

・楽天カード クレジットカードです。使用するとポイント還元率+2%されます。楽天ゴールドカード(年会費2200円)・楽天プレミアムカード(年会費11000円)なら+4%されます。 

・楽天モバイル 楽天モバイルでRakuten UN-LIMIT(今なら1年間、月額料金無料)等対象ブランに加入すれば+1%されます。

・楽天ひかり ネット回線です。契約していれば+1%されます。

他にも以降で取り上げるサービスを利用すれば、利用月はポイントアップの対象になります。

ポイントアップキャンペーンに関して 

SPU以外にも還元率upはあります。

特に愛用しているキャンペーンだけ紹介します。

お買い物マラソン 店舗で1000円以上お買い物をして、買い物をしたショップ数が多いほどポイント還元率がプラスされます。2店舗利用したら+1%、10店舗利用したら+9%といった具合に最大+9%まで増えます。

スーパーDEAL 対象商品を購入したらポイント還元を受けることができます。50%還元も結構あります。

5の倍数の日 5, 10, 15日など5の倍数の日は+1%になります。

他にも楽天イーグルスやヴィッセル神戸が試合に勝った翌日は+1%になります。

他のキャンペーンは買い物をするタイミングで重なっていればラッキーくらいに考えています。

実際に利用してみて 

私は常時+7%の状態で使用しています。昨年は約140,000ポイント獲得しました。後述する楽天電気や楽天証券、楽天銀行を使用していれば意外と加算されます。また、洗剤等や野菜ジュースはお買い物マラソン時にまとめ買いしています。最近で一番お得だと感じたのはトゥルースリーパー(マットレス)の半額セールをやっているときにスーパーDEALで40%還元に加えてSPUのポイントも加わり定価の25%程度の値段でマットレスを購入できました。ただし、定価を割高に設定して大幅なポイント値引きしている商品もあるので、高額な買い物をする際は、価格.comなどでベンチマークすることをお勧めします。

 

楽天証券

楽天証券に関しては以前の記事で記述していますので、ここでは私が使っていて便利と感じる点だけ列挙します。詳細は下リンクからご確認下さい。

・楽天銀行と証券口座間の資金を自動で移動してくれるマネーブリッジが便利。

投資信託の定期購入をクレジットカード決済で設定できる(月最大5万円、還元率1%)。

楽天ポイントで投資ができる。(期間限定ポイントでは投資できない)

・楽天証券を使うだけでSPUが+1%になる。

IPOが完全抽選制

・株取引アプリi-speedが使いやすい。

 

www.ynsecwb.com

 

実際に使っていて、銀行口座から証券口座に自動で資金を移動できるのは便利です。

通常の手順だと給与が振り込まれる銀行口座から証券口座に資金を移す手間があるので手間がかかりました。

定期購入のクレジット決済ですが、クレジット決済買付額上限の5万円で毎月購入すると、それだけで年間6000円分の利益が出ます

それとIPOは他証券会社だと大口客が優先されることが多いらしく、私の場合は完全抽選制の方が可能性があるのではないかと考え、よさげなIPO株では抽選にエントリーしています。(あたったことはないです。)

ぜひ使ってみて下さい。

 

楽天銀行

概要 

楽天が運営するネットバンクです。楽天のサービスを頻繁に使うのであれば様々な恩恵を受けることができます。

利息0.1%(マネーブリッジ設定時)

先述の楽天証券との間でマネーブリッジを設定するだけで普通預金の利息が0.1%になります。メガバンクでも定期預金で0.02%程度の時代なので利息としてはかなり高めです。私は投資用の資金のみ楽天銀行に預けているのですが、現金として置いている資金も0.1%の利率で増えてくれます。(100万預けても年間1000円ですが、100万円預けて200円よりはマシです。)

振込手数料、ATM手数料無料(楽天銀行の利用回数や預金額で変化)

100万円以上預金する、もしくは20回以上取引でなれるVIPというランクがおすすめです。振込手数料は3回無料ATM手数料は5回無料になります。

また制度の見直しが入るかもしれませんが、楽天銀行ハッピープログラムVIP等で検索すれば毎日1分程度の作業でVIPを維持できる方法もあります。

興味のある方は是非検索してみて下さい。(お得な情報を発信して下さる方々ありがとうございます。)

 実際に使ってみて 

実店舗がないので、急な高額の振込には困るくらいで特に不便はないです。コンビニのATMも月5回無料なので困ったことはないです。

利率は高いといっても微々たるものですが、何もしないよりはマシかと思います。

楽天証券を使っている人は楽天銀行に資金をためておくことをお勧めします。

高額の支払いでネット振込に困ったのは、車を一括で購入した時、結婚式の料金を一括で支払ったとき、新婚旅行の料金を一括で支払ったときの3回だけです。普段は困ることないです。

 楽天KOBO

1) 概要 電子書籍を販売するサービスです。クーポンの配布が多く、お得に購入できることが多いです。

 

2) 品揃えが良い 個人的には品揃えが良いと思っています。Amazonのkindleも人気ですが楽天KOBOは楽天ユーザーならポイント分でお得になると思います。

無料で読めるサンプルも多いのでお勧めです。最近は「お金の大学」「世界一楽しい決算書の読み方」を購入しました。

 

3) SPU+0.5% 1000円以上購入でその月は楽天市場でのポイント還元が+0.5%になります。

 

4) 電子書籍 家でかさばらないのでとてもいいです。私は紙の本が好きでずっと電子書籍を買わなかったのですが、社会人になり、引っ越しが増えたため、ここ数年は電子書籍に移っています。最近のタブレットは画面も大きいですし、読みやすくなっています。

 

楽天BOOK 

1) 概要 書籍やCD, DVDが購入できます。楽天ユーザーならポイント分お得です。

 

2) 品揃えは良い 多数のショップが入っているようなものなのでマイナーなものも購入しやすいです。洋書は流石にAmazonには勝てないと思いますが。

 

3) SPU+0.5% 1000円以上購入でその月は楽天市場でのポイント還元が+0.5%になります。

 

4) 送料無料 楽天BOOKは基本送料無料です。ただし、購入価格はベンチマークしておかないとちょっと高いものも混じってます。

 

最近はモノを増やさないように購入を控えていますが、書店で購入するより安く買えて、ポスト投函してもらえるので、仕事が忙しい人にもお勧めです。

 

 

楽天電気  

1) 概要 楽天が提供する電気供給サービスです。今契約している会社から楽天電気に変えるからと言って工事は必要なく、webから申し込むだけで完了します。もちろん楽天ポイントが付与されるし、料金が安くなることも多いです。

 

2) 契約について 契約方法は個人情報に加え現在契約している電力会社のお客様番号電力供給地点特定番号を連絡すれば、解約~楽天電気との契約までやってくれます。電気料金の請求書を見れば大体書いています。

また契約の際、楽天のキャンペーンに登録していれば2000円分のポイントが付与されます。時期によっては4000円分付与されたこともあるようです。

 

3) 利用料金に関して 電気料金は各電力会社が見直しを進めているので、本当に電気料金が安くなるかベンチマークしましょう。私の場合、楽天の方が安くなり、ポイントを含めるとさらにお得だったので契約しました。ただし、楽天の料金シミュレーションで使われている計算式では金額効果が過大になっていました。自分できちんと計算してみることをお勧めします。

 

4) 楽天ポイントで支払い可能 楽天ポイントで支払いすることができます。ポイントを失効させそうなときなどはここで消費できます。人によっては電気料金はポイントだけでまかなえている方もいるようです。

 

楽天ユーザーであればポイントが付くのでお勧めです。ただし、楽天を利用していない場合は、ガスとセットで契約すると安くなるとか、口座振替登録で安くなるとか色々あるので、自分の生活圏で一番お得方法というのは他にもあるかもしれません。

 

もう少し詳細が欲しい方はこちらをご覧ください。

www.ynsecwb.com

 

楽天マガジン 

1) 概要 月額契約で500誌以上読み放題です。ビジネス誌、ファッション誌、ホビー、健康系等様々なジャンルの雑誌を読むことができます。ジャンプやマガジンはありません。

 

2) 料金 月払いなら418円、年払いなら月額300円で利用できます。

また、楽天ポイントで支払いをすることもできます。

 

3) 電子書籍 スマホ、タブレット、PCで使用することができ、5端末まで利用できるのでご家族で利用できます。かさばらなくていいです。

 

権利関係で一部見ることができないページもあるらしいですが、私は気にならないレベルです。月額300円なら十分お得なサービスと思っています。

 

楽天ふるさと納税 

1) 概要 楽天を介してふるさと納税をすることができます。ふるさと納税とは自治体に寄付をしてその返礼品として商品をもらえるという制度です。制度としては寄付控除を受けることで納税額を抑えることができるため、負担金は2000円で寄付額の3割程度の返礼品をもらうことができます。

 

2) ポイントが付与される ふるさと納税自体は様々なサイトから申し込みすることができるのですが、楽天ユーザーが楽天ふるさと納税を利用すると、お買い物マラソンやSPUの対象になります

例えば10000円寄付してポイントが+20%の場合2000円分のポイントが付与されます。

そして3000円分程度の返礼品が貰えます。

寄付した10000万円は税金から控除されるので、2000円分のポイントをもらって3000円分の品物をも貰えている状態です。

 

3) ふるさと納税に関して 上でも簡単に記述しましたが、ふるさと納税は自治体に寄付をしてその返礼品をもらう制度です。本来はその名の通り地元を離れている方が地元を支援したい方が利用すべき制度と思います。私も一部は地元に寄付するようにしています。他にも用途を指定して寄付したり、被災地支援に使ってもらうこともできます。

用途不明で何に使われるか分からない税金を納めるよりはいいかもしれません。

2点注意点です。

・自分が住民登録している自治体からの返礼品はほとんどの自治体でもらえません。

・あくまで税金を前払いしているような状態です。納税額よりも高い金額を寄付した場合は純粋な支出になります。

 

もう少し詳細を知りたい方はこちらをご覧ください。

www.ynsecwb.com

 

楽天に限った話ではないですが、最近様々なジャンルに進出し、顧客の生活をまとめて取り込んでくる企業が出てきています。

自分が好きな会社一つにまとめるだけでもポイントが割増になったり、利用料金が割引されたりします。

こういった生活インフラや買い物に絡めたポイ活は最初の手続きの手間だけで、年間10万円近く得することも多いです

役に立つ情報をまとめてくれているブログも多々あります。

是非楽しくポイ活に励んで下さい。